日本語教師もネットをみるとさまざまな記事も増えており、また副業でも検討してみる人も増えています。
そして、教員免許は必要ないので誰でもなれる可能性のあるお仕事です。ですが、日本語や日本の文化についても教えていくので責任の重い、やりがいのあるお仕事とも言えるのです。

■日本語教師の生活も気になる

日本語教師となると、多くの外国人とも接することとなります。
それだけコミュニケーション力も実は求められて、大変だったりします。
そんな日本語教師の生活も気になるところです。
日本語教師となると、日本語学校に勤務することが多くなります。
日本語学校も朝からの場合や夜だけと学校の経営により違ってきます。
しかし、普通の学校の先生のように
ほかの教師との連携も必要となります。定期的に会議していることもよくある話です。
そして、授業ですが1コマ60分から90分くらいの時間となっていて、1日に1~4コマくらいを持つのがが一般的なようです。
授業をしていない間も暇ではありません。授業の準備をしていたり、テストをしたらその採点などもしなければなりません。さらに外国人生徒からも、授業以外の時間に質問や相談もでてきたりします。その対応もしなければなりません。
けっこう、普通の学校の先生のようにやるべきことも多く、また外国人生徒への配慮も必要となってくるのです。

■外国での日本語教師の生活とは

外国へ行き、そこで日本語教師となるケースもやはり多いです。その場合には日本語教師として、その地域で生活することもあれば、ボランティアがメインで行き、現地で頼まれて日本語教師となることもあります。その場合にはボランティアが生活の中心となったりします。

■日本語教師は地位のある仕事

外国での地域によっては教師はかなり地位の高い人とされ、周りから尊敬されたりもするのです。
また日本でもやはり教師というのは、外国人生徒からは地位のある仕事をしていると見られることもあるのです。

関連する記事