仕事やプライベートのことを理由に、外国語を覚えたいと言う人も多いでしょう。
それは外国人だって同じです。そして、その覚えたい外国語のひとつに日本語も入っています。

■日本は注目度が高い

日本は他の外国のなかでも、かなり注目度は高いです。海外への進出する企業も多く、そのため仕事柄日本へ来る外国人も多いですし、現地で日本人と接することも多いです。
また、ボランティアでの日本人も多いですし、国も海外への支援をやっているので、やはり日本への信頼も高いです。
そして、アニメやコスプレなどの日本文化はもう世界中へと広がっていて、その点でも世界から熱い目を向けられています。

■日本語教師の仕事内容とは

そうなると自然に日本語への関心も高まってきます。
そんな関心を支える仕事となるのが、日本語教師なのです。
日本語教師の仕事と言えば、日本語を教えることです。
日本語を教えるといっても、その教えるレベルの差もあります。通常の会話のレベルから、漢字などの読み書きまあったり、さらには大学などで使うような言葉までわかるようにというレベルなど、意外にもその差はあるものです。
また、日本語だけでなく、日本についても教えていくことになります。たとえば、日本の風習や習慣があります。正月や節句、お盆などその時期に関するものもあれば、時には地域の習慣や祭りなどを教えることもあります。
あと、外国人の中には日本で住みたいという人もいたりします。そこで日本での生活のポイント、住まいの特徴や近所付き合い、制度(税金、仕事など)も教えることもあります。

■日本のことを知っておくこと

もちろん日本語を教えるのがメインなので、それ以外をすべて細かく教えなくていいのですが、日本とはどんな国なのかは話せるようになっておかないといけません。日本の歴史や政治や文化などの知識もある程度は、求められるといっても過言ではありません。

関連する記事